公演案内

公演詳細|Guide of the performance

釈徹宗×山本章弘 能からみた日本の宗教voi.2 「三輪」

能は、寺社文化圏や唱導と関わりつつ、多くの作品を生み出してきました。 室町時代、足利将軍家にも深く浸透し、武家層の中に宗教文化として深く享受された能。 宗教学者釈徹宗先生と共に、能と宗教との関わりについて考えます。


前シテ(里女)山本章弘 後シテ(三輪明神)   〃 ワキ(玄賓僧都) 安田登 アイ(里の男)山下守之 笛     斉藤敦  小 鼓   林大和  大 鼓   守家由訓 太鼓    井上敬介 後 見 梅若猶義 梅若基徳 地 謡 杉浦豊彦 井戸良祐 河村浩太郎 山本麗晃 あらすじ 大和国(奈良県)三輪山の麓に庵室をかまえている玄賓(げんぴん)という僧のもとへ、毎日樒(しきみ)と閼伽(あか)の水を持ってくる女がいました。 今日も、この淋しい庵を訪れた女は、罪を助けてほしいと玄賓にたのみます。 そして、秋の夜寒になって来たので、衣を一枚いただきたいといいます。僧は衣を与え、女の住家を尋ねると、三輪の麗に住んでいる、杉立てる門を目印においでください、といい残し、姿を消します。 <中入> 三輪明神にお参りした里の男が、御神木の杉に玄賓の衣が掛かっているのを見つけ、玄賓に知らせます。 男の知らせを受けた玄賓が、杉の立っているところにくると、いわれた通り、自分の衣が掛かっており、その裾に一首の歌が縫い付けてあるのを見つけます。 その時、杉の木陰から御声がして、女姿の三輪明神が現れ、神も衆生を救うために迷い、人と同じような苦しみを持つので、罪を救ってほしいと頼みます。 そして、三輪の里に残る、神と人との夫婦の昔語を語り、天紹大神の岩戸隠れの神話を語り、神楽を奏し、やがて夜明けを迎えると、玄賓は、夢から覚め、神は消えていきました。

2022年08月21日(日):


公園のチラシ公園のチラシ

日時 2022年08月21日(日): 釈徹宗×山本章弘 能からみた日本の宗教voi.2 「三輪」
料金 一般前売 3,500円 一般当日 4,000円 ※未就学児の入場はご遠慮ください。
主催 山本能楽堂
06-6943-9454

チケットのご予約はこちらから

ご予約