公演案内

公演詳細|Guide of the performance

船弁慶三体 In English

平安時代末期の武将・平知盛(1152-1185)を能・文楽・英語講談で同時に上演する事で、 それぞれの芸能の違いや魅力をより鮮明に楽しんでいただきます。 ※講談は英語で上演。能、文楽は英語の字幕がつきます。 能「船弁慶」山本章弘ほか 文楽「義経千本桜 知盛幽霊の段より」竹本千歳太夫、竹澤宗助、吉田玉助ほか 英語講談「源平盛衰記の内 平知盛壇ノ浦の合戦の巻」旭堂南春


34歳という生涯を曇りのない生き方で駆け抜けた平知盛。 平家の公達の中でも人気が高い屈指の勇将で、その後の芸能にも広く取り上げられました。 壇ノ浦の合戦で滅んだ平家、その渦中の人物知盛は平家滅亡の様子を見届け、 「見るべきほどの事は見つ。今はただ自害せん。」と言って、海に身を投げました。 この時、知盛は自害した後の姿を人前にさらすことを恥じて、 鎧を2枚重ねておもりにした、あるいは碇をかついで入水したと伝えられています。

2020年03月24日(火):


公園のチラシ公園のチラシ

日時 2020年03月24日(火): 船弁慶三体 In English
料金 一般前売り:4,500円 当日:5,000円
主催 山本能楽堂
06-6943-9454

チケットのご予約はこちらから

ご予約